読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社Bizsuppliのメルマガバックナンバー

会計を中心とした実力派プロフェッショナル集団であるビズサプリのメンバーが、旬のネタや色々な物事への洞察を記載したメルマガのバックナンバーです。

「水」をめぐる諸問題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.005━2015.06.04━


【ビズサプリ通信】


▼ 「水」をめぐる諸問題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

ビズサプリの久保です。

今回は、前回までと趣(おもむき)を変えて「水」のお話をします。
やや長文ですが、ご興味のある方は是非ご一読ください。

地球は「水の惑星」と言われています。
人類最初の宇宙飛行士のガガーリンは、「地球は青かった」と語ったとされて
いますが、これは、地球が海の水で覆われているからです。
しかし、それらの水のほとんどは塩水です。地表にある水の97.5%が塩水で、
淡水は2.5%しかありません。さらに、その2.5%の約70%は氷河、雪、氷などで、
直接利用可能なものは30%しかありません。

要するに、地表の水のうち、飲料、農業、工業などに利用可能な水は1%より少
ないということです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 1.日本では水が豊富、でも世界では・・・・

----------------------------------------------------------------------

日本人にとって、「水が足りなくなる」と聞くのは、夏の渇水時ぐらいで、そ
れも毎年起こるわけではありません。
降水量が多く、日本は水が豊富な国です。

では、世界ではどうでしょうか

米国の1人当たりの水資源は日本の2倍以上ですが、砂漠地帯もあり地域差が
大きいです。
中東や北アフリカは砂漠が多く、水が不足しているということは容易に想像で
きます。

最近の研究では、水不足にある人々は20世紀の始めには世界人口の2%でしたが、
1960年には9%になり、2005年には35%にまでなったとのことです。

この原因は、人口増加と工業化の進展です。
地球の人口は2011年に70億人を超え、2050年までには90億人に達すると言われ
ています。

日本人にはピンと来ませんが、世界では水不足がどんどん進んでいるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 2.日本は水の輸入国

----------------------------------------------------------------------

日本では世界の水不足というと、「水ビジネス」のチャンスということで、東
レなどの海水の真水化のための逆浸透膜技術や、荏原製作所のポンプなどが売
れるだろうと考えられています。

一方、ヴェオリアスエズといった世界には水メジャーと呼ばれる会社があり
(どちらもフランスの会社です)、水プラントの建設だけでなく水事業の管理
運営を総合的に行う会社があります。
日本企業も、これを見習って複数の企業が協力して海外の水事業を受注するべ
く努力しています。

しかし、日本は実は世界有数の水の輸入国です。
ミネラルウォーターを輸入しているという話ではありません。

農作物や肉などを輸入するということは、それらを育てるための水を輸入して
いるのと同じだということです。
1kgの米を作るのに水が3,700リットル、鶏肉では3,200リットル、牛肉に至っ
ては20,600リットルもの水が必要と言われています。

工業製品の製造にも水が使われます。
例えば、半導体の製造には大量の水が必要です。
話題のシェールガスの採掘にも大量の水が欠かせません。

もし輸入国でこれらを一から作ったら、どれだけの水が必要かを推計した「バ
ーチャルウォーター」という考え方があります。バーチャルウォーターを考慮
すると、日本は水の輸入大国なのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 3.水のサプライチェーンを考える

----------------------------------------------------------------------

このように、国内には水が豊富ですが、実はそれ以上に海外から水を大量に輸
入しているのが日本の現状です。

日本が輸入しているのが、水が不足する国や地域だとしたらどうでしょうか?
その国や地域の人たちが使うはずの水を日本が取り上げていることになります。

企業が農作物や部品などの工業製品を輸入するときに、生産地には水不足の問
題がないかを十分に考慮することが必要です。
また、日本企業が海外に進出する際には、工場などで使用する水が得られるか
を検討すると思います。それだけでなく、その地域で水を使うことにより、ど
れだけ地域に影響を与えるかを検討することが必要となります。
実際上、有名な飲料会社が大量の水を使ったことから水不足が深刻化し、大き
な社会問題になった事例があります。

サプライチェーンには川上だけでなく、川下もあります。これは自社製品が使
用されるときの水の使用です。例えばLIXILTOTOは節水トイレを販売してい
ますが、これは川下のサプライチェーンにも有効な製品と言えます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 4.水が国の経済も左右する

----------------------------------------------------------------------

中国の1人当たりの水資源は日本の約半分です。実は中国は水が不足する国な
のです。
今後工業化が進み、都市人口が増えると水不足がますます深刻化します。
このため中国では、急激な人口増加に対応するために、南の揚子江の水を北京
や天津に引く国家プロジェクト「南水北調」を進めています。

人口が急増する国においては、水対策が欠かせません。
水が不足すると工業化の進展もストップすることになります。

前述のとおり、シェールガスの採掘には大量の水を使います。
シェールガスの埋蔵量は米国が世界2位で、1位は実は中国です。
中国にはまだ採掘技術がないかもしれませんが、たとえそれがあったとしても、
採掘地域で大量の水を確保できないと採掘することができません。

水が豊富な日本は、この点幸せであるだけでなく、見方によっては資源大国で
あるとも言えるのです。

 

本日も【ビズサプリ通信】をお読みいただき、ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人:株式会社 ビズサプリ  代表取締役 三木孝則
104-0032 中央区八丁堀2丁目11番8号 平澤ビル6階
TEL  03-6803-6351(代表) 
Email inquiry@biz-suppli.com
URL   http://biz-suppli.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C) 2015  biz-suppli All Rights Reserved.